ANGRA - LOUD PARK 13

ANGRA

ANGRA
ANGRAは元VIPERのアンドレ・マトス(vo)を中心に、ブラジルのローカル・バンドSPITFIREのラファエル・ビッテンコート(g)とマルコ・アントゥネス(ds)、ジャズ・バンドでプレイしていたキコ・ルーレイロ(g)、サンパウロを拠点に活動していたバンド、FIREBOXのルイス・マリウッティの5人で91年に結成。ANGRAとはブラジルの神話で“火の女神”を意味するという。

翌92年にデモを制作し、93年7月からアルバムのレコーディングに入り、93年11月に「ANGELS CRY」でデビュー。VIPERの「THEATRE OF FATE」が日本において大ヒットを記録していたことによるアンドレ・マトスの知名度の高さ、キコ・ルーレイロの華麗なギター・テクニック、そしてヘヴィ・メタルとクラシックを融合させた独自の音楽性でアルバムは10万枚を超えるセールスを記録、一躍人気バンドに。新ドラマー、リカルド・コンフェッソーリを迎えた編成でセカンド・アルバム「HOLY LAND」を96年3月にリリース。このアルバムではクラシックの要素に加え、ラテン音楽のエッセンスをも取り入れて、独自のアイデンティティを確立させ、日本、ヨーロッパ、南米で独自の地位を築いた。翌97年1月には初来日公演を成功させる。

98年8月にクリス・タンガリーディスをプロデューサーに迎えた通算3作目「FIREWORKS」を発表。12月には再来日公演を行ったものの、00年8月にバンドの創設者でメイン・ソングライターのアンドレ・マトス(vo)がリズム隊のルイス・マリウッティ(b)、リカルド・コンフェッソーリ(ds)と共に脱退し、新バンドSHAMANを結成する。残されたキコとラファエルは新メンバーとしてエドゥ・ファラスキ(vo)、フェリッペ・アンドレオーリ、そしてアキレス・プリースター(ds)を加入させ、01年6月からデニス・ワード(PINK CREAM 69)のプロデュースの元、通算4作目となる「REBIRTH」を完成させ、10月にアルバムをリリース。アルバム・リリース後は12月から南米をツアーし、南米ツアー終了後の1月から再びデニス・ワードをプロデューサーに迎え「HUNTERS AND PREY」レコーディングを行う。3月からはヨーロッパをツアーし、6月下旬にはSINERGYとのカップリングで3度目の来日公演を大成功に収めた。その後01年12月のサンパウロでのライヴをライヴ・アルバム&ライヴDVD「REBIRTH WORLD TOUR – LIVE IN SAO PAULO」としてリリースし、再始動ANGRA第一章は大成功を収めることとなった。

バンドは03年より新作の準備に取りかかり、前作同様デニス・ワードをプロデューサーに迎えた5thアルバム「TEMPLE OF SHADOWS」を04年にリリース。十字軍騎士のストーリーと現代をクロスオーヴァーさせたコンセプトとその音楽的レベルの高さが大絶賛を受け、翌年にNIGHTWISHをスペシャル・ゲストに迎えたジャパン・ツアーも大成功を収める事となった。そして結成15周年の2006年に6thアルバム「AURORA CONSURGENS」を完成させ、その年の『LOUD PARK』に出演し、2007年にはBLIND GUARDIANとのカップリング・ツアーで日本をまわった。そして2008年、アキレスが脱退。それを受けて、2009年にリカルド・コンフェッソーリがバンドに復帰を果たし、シェイクスピアの「テンペスト」をベースにした通算7作目となるオリジナル・アルバム「AQUA」を2010年に発表し、同年の『LOUD PARK』のステージに立った。

ところが、2012年5月、エドゥがバンドからの脱退と、ALMAHでの活動やプロデューサーに専念することを表明。9月(海外は10月)に、ANGRA初のベスト・アルバム「BEST REACHED HORIZONS」を発表。

デビューから20周年を迎えた2013年1月、バンドはメタル・クルーズ『70000Tons Of Metal』に出演する。その際、サポート・シンガーとして起用したのが、RHAPSODY OF FIREのファビオ・リオーネであった。ファビオを据えたラインナップで何度かライヴを行ない、8月には元SCORPIONSのウリ・ジョン・ロート(g)や元NIGHTWISHのターヤ(vo)、現SYMPHONY Xのラッセル・アレン(vo)をゲスト迎えたショウをDVDシューティング。その発売が今年11月頃に控える中、『LOUD PARK 13』で3年振りの来日を果たす。

Page Top